まずはチェスでもどう?
London Chess Classic
2017年11月23日 (木) | 編集 |
Chess24でもうLondon Chess Classicのページができていますね

Chess24のLondon Chess Classic

日本時間の
12月1日
23時スタート

タイムコントロール
最初100分40手 60分追加 初手から1手ごとに30秒追加
だから
だいたい4時間ぐらいのゲームでしょうかね

bwin
での倍率は
大会全体としては
171123_bwin_1.jpg

それで
第1ラウンドの倍率は
171123_bwin_0.jpg

私は賭けていませんが
賭けるとするなら
全体の優勝はMagnus CarlsenとLevon Aronianですね

こんな感じで
楽しみです
寒すぎる!!
2017年11月21日 (火) | 編集 |
寒い
寒すぎる!!
なんでこんなに寒いんですか!!

ChessGYM
KR vs KPはとりあえず定型の2つは完ぺきになりました
KQ vs KPは簡単かと思いましたが
少してこずりました
でも定型の2つはすぐにできるようになりました

これでBeginnerは全ての定型は完ぺきにできるようになりました

それでついに
前回挫折したIntermediateのKQ vs KRに来ました

でも
前回KQ vs KRが本当に全然ダメだった記憶があるので
挑戦するのもちょっと辛いですね

実践だとエンドゲームで時間が少なくルーク側がへまをすることが多いので
そんなに難しくはないですが・・・
でも逆に自分がルーク側だった場合は
自分がへまをしなければ50手ルールに持ち込める可能性が高いですが
難しいです

でもでも
今まで50手ルールって経験をしたことがないです
攻め側が嫌になってスリーフォールド リピティション(千日手)ってのが多いでしょうかね

やっぱり大変そうなので
今日は答えの確認だけして
練習は明日からにしようかな

寒いしね
やっと修正された!!!
2017年11月19日 (日) | 編集 |

やっとアップデートされた!!!

いつのiOSのアップデートの時か忘れましたが
iOSがアップデートされたときに
選んだ駒がずれていたんです
それが今回やっと修正されました!!

iPadの人は必ず入れておくべきだと思いますね
iPhoneだとどうだろう?
iPhone Plusならそれなりに使えるかもしれないけど
それ以外のiPhoneだとちょっと合わないかもしれませんね

Androidのことは持っていないのでよくわかりませんが
アマゾン Android アプリストアにあるので
Androidのタブレットなら入れておくのがいいと思います

アマゾン Android アプリストア

どういったアプリかと言うと
以前にも書いたことがあると思いますが
ただの駒(チェス・チェッカー)とボードとチェスクロックです

似たようなアプリもありますが
本を読みながら
このアプリだと
出てきた局面を作ったてうごかしたり自由にできるので
本を読みながらの棋譜並べなんかの時にも便利です

他のアプリだと
駒の配置を自由にできなかったり
ルール通りの動きしかできなかったり
駒が見にくかったりします

今のこのアプリですごく満足していますが
もう1つお願いをするのなら
棋譜・履歴の保存ができるようにしてもらいたいってことでしょうかね
このアプリを開いている間の駒の変化の履歴は保持されて
局面を戻すことができますが
このアプリを閉じると
局面自体は次開いた時にも保持されていますが
履歴がリセットされてしまいます

細かいことですが
この履歴が保存できるようになったらいいなぁと思いますが
今の状態で十分に満足しています

iPad・Androidタブレットを持っている人は
あると便利なアプリです

ちなみにチェッカーの駒を使って一色チェスなんかもできます
KQ vs KNはできるようになったけど・・・
2017年11月18日 (土) | 編集 |
ChessGYMでエンドゲームを続けています

KQ vs KNがほぼほぼ100%の成功率になりました

ChessGYMのエンドゲームは
Beginner Intermediate Advanced Games の4段階になっています

KQ vs KNはIntermediateです
Intermediateの中でいくつかは完ぺきにできます

ですが
恥ずかしながら
実はBeginnerのKR vs KPが完ぺきではないんですよね

ルークとポーンで有名なのはルセナポジションとフィリドールポジションですが
これは一応知ってはいますが
これはKRP vs KRで
ChessGYMではAdvancedの1問目です

まぁたぶん
ルセナポジションとフィリドールポジションの典型的な局面からであればそれなりの成功率でできると思いますが
その前段階のこのポジションへもっていく攻防は自信がないですね

きっとKR vs KPと言う基本がまだ完ぺきではないからではないでしょうかね

ってことで
今夜も練習
難しいよ
2017年11月16日 (木) | 編集 |
今日もChessGYMでエンドゲームの練習をしていますが

KQ vs KNの成功率がだいたい7割か8割ぐらいです

100%の成功ではないということは
まだちゃんと理解をしていないってことでしょう

そして
ここで成功率が7割か8割ぐらいなら
実際のゲームだと持ち時間のこともあって
たぶん成功率は3割とかになるかもしれません

難しいですね
久しぶりにChessGYM
2017年11月14日 (火) | 編集 |
最近
なんだかいろいろなことに疲れてしまって
ゲームも棋譜並べもする気になりませんでした

それで久しぶりにエンドゲームでもしようと思って
いくつかのサイトを調べてやってみましたが
やっぱり以前にしていた
ChessGYM
のエンドゲームが一番自分には良いですね

何が良いかっていうと
実践的なエンドゲームではなく
基本となる1つや2つの駒の練習ができることです

それで
ChessGYMを利用しようとしましたが
久しぶりすぎてパスワードがわからない!!!

しょうがないので新たなアカウントを作ったんですが
以前と同じユーザー名を使うことができたので
もしかして
一定期間 放置しているカウントは自然消滅する仕様になっているのかも

ってことで
久しぶりに
基本中の基本であるKR vs K からやっていきます

ちなみに
ChessGYMが利用できない人は
Flash Playerの有効化をすれば利用できるはずです
Flash Playerの有効化
このページを見ればできると思います
2周目
2017年11月09日 (木) | 編集 |

2周目
棋譜並べ

以前も書いたけど
ちょっと簡単ですね

難しいと感じるものよりもこれぐらいの感じのものを何度も棋譜並べをしたほうがいいのかな

というのも
数学の勉強は
ちょっと簡単だと感じる程度の問題を繰り返すことが一番効果的だからです

数学で勉強は頑張っているのに
テストの点数につながらない人の多くは
わからない問題を理解するってことが重要だと思って
難しすぎる問題を理解しようと頑張っています

なので
これぐらいの感じの棋譜集を何度も並べるのが良いのではないでしょうか

そんなふうに考えています

ってことで2周目の棋譜並べ
繰り返すのかなぁ? その2
2017年11月07日 (火) | 編集 |
繰り返すのかなぁ?
の続きですが

そう言えば
今年の夏にカスパロフさんが12年ぶりに公式戦に5日間だけ復帰ってのがありました

カスパロフ 5日間の「期間限定」の復帰

ちょっと別の書き方をすると
グランドチェスツアーとセントルイスの修学センター主催の大会にカスパロフさんが特別に出場した
ってことです


The URS™ was developed as the result of a collaborative research project funded by the Grand Chess Tour, the Kasparov Chess Foundation and the Chess Club and Scholastic Center of Saint Louis.

URS™はグランドチェスツアー、カスパロフチェス財団とチェスクラブ、セントルイスの修学センターが出資の共同研究プロジェクトの結果として開発されました。

ただ単に久しぶりにチェスの公式戦に復帰したってことではなく
なんだか考えがあってのことのように思えてきます

そう言えば
そう言えば
以前に団体を立ち上げたときはスポンサーがつかなくて団体が消滅したって記事を見たことがあります
経緯はどうであれ
最後はそこにだとりつくとは思いますが

なのであの大会がスポンサー集めのイベントって意味があったのでは????

こんな勝手な想像を事実だと決めつければ
暴論・陰謀論ですが
1つの可能性として
見ていこうと思います

どうなんでしょうね
どう思います?