まずはチェスでもどう?
どの本を買おう
2017年07月25日 (火) | 編集 |

8月1日に発売される水野さんの新しい翻訳本ですが
予約が始まっていました

表紙がすごいですね

この表紙については水野さんのツイッターで書いてありました



もう1冊は何を買おうかなぁ?


この本はちょっと迷ってますね
弁論術って結局はビジネス書でよくあるプレゼンの仕方だったり伝え方や話し方の本と基本的には同じだと思うんです

2400年も読み続けられているってことはそれだけ普遍的なことが書かれているのかもしれないけど
よくビジネス書にあるプレゼン方法や伝え方や話し方と同じなのでは?


こんなのを見つけました
2017年7月11日に発売されたばかり
原作は1922年にイタリアみたいですね

解説を見ると鏡の国のアリスみたいにチェスの世界に入り込むっぽい

最近小説を全然読んでいないから
久しぶりに読んでみようかな


この本って

この本の翻訳でしょ
翻訳本が出版されていたなんて知りませんでした

アメリカのAmaonのチェス関連のベストセラーの上位に入り続けている本です

興味はあったんですけど
レビューとか読むと
思っていた内容のとちょっと違うっぽいから
どうしたものかなぁ


マルセル・デュシャンさんは芸術家のようですね
よく知りませんでしたが調べてみたら
L.H.O.O.Q.
この教科書の落書きみたいな絵は見たことがありました
これを描いた人だとは知りませんでした

面白そうなんですが
値段が5,184円もするから
ちょっとなぁ

たぶんこれらの中から選ぶと思うけど
もう少し探してみようかな


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
デュシャンについては自分のブログで何度か紹介した記事があります。自分のchess.comの壁紙もデュシャンの作品ですよ。でも5000円以上の本って、高いですねー。
2017/07/25(火) | | 新人 [ 編集]
こんにちは
背景がチェスプレーヤーの肖像だったんですね
気が付きませんでした

それはそうと新人さんとの勝負
もう結構長いことしていませんよね

近々挑戦をしようと思います
またよろしくです
2017/07/25(火) | | もも [ 編集]
いよいよですね!
私も予約しなきゃ。
ジョッシュ・ウェイツキンさんっていえばChessmaster DSでのコーチ役もやってました。
(コンピュータの対戦相手として9歳verをモチーフにした可愛いジョッシュ坊やともプレイができますw)
今武術やってるんですね! ビックリです。
2017/07/30(日) | | はらべりなこ [ 編集]
ですね ですね いよいよですね
Chessmasterと言えばハリー ポッターのダンブルドアみたいなお爺さんってしか知りませんでした
いろいろな人が出ているんですね
9歳って言うと本の表紙に載っているのがちょうどそれぐらいの年でしょうかね

ってことは
りなこさんはもう一冊は決定ってことですねv-392
2017/07/30(日) | | もも [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック