まずはチェスでもどう?
何だか迷走している
2017年07月26日 (水) | 編集 |
この前
Norm Pollock's Chess Download Files
のGM達のデータベースが
gm1981(1981-2005年)
gm2006(2006年以降)
この2つが
gm1981に統合されたって書きました

チェス界に与えた影響

それが今日見たらあ
gm1981(1981-2015年)
gm2016(2016年以降)
この2つに分かれていました

何がしたいのだろう????

最新のゲームを入れ続けるにはファイルの更新が頻繁になるから切り離したのかな?

それなら今まで通りに2006年で分ければいいのに

何がしたいのだろう?????

チェス界に与えた影響
2017年07月21日 (金) | 編集 |
GM達のゲームのデータベース
Norm Pollock's Chess Download Files
ここのを利用していますが

今までは
gm1830(1830-1930年)
gm1931(1931-1980年)
gm1981(1981-2005年)
gm2006(2006年以降)
このような区分になっていましたが

前回のバージョンから
gm1981(1981-2005年)
gm2006(2006年以降)
この2つが1つになって
gm1981(1981年以降)
となりました

勝手な想像ですが
1981-2005年のデータはもう出そろったので統合したのではないかと思います

でも利用する側から言わせてもらうと
2006年で別れているってすごく意味があるように思うんです

コンピュータのチェスが強くなってきて
スーパーコンピュータではなくパーソナルコンピュータでも十分な強さになってきて
GM達の研究にコンピュータを取り入れたのではないかと思うんです

だからそれ以前は
局面の良し悪しは結局は感性によるものだったのが
数値によるものへとなったと思うんです

だからオープニングなどを参考にするなら2006年以降のゲームを参考にした方が良いのではと思っていました

なので統合されて嫌ですね
2005年以前を消せばいいってことですが
SCIDにはそういった機能もちゃんとついているとは思うけど
今までそういった使い方をしていないので
ちょっとわからないんです

いろいろと試してみようと思います
見つけた!!
2017年02月09日 (木) | 編集 |
この前探していると書いた
GM達のゲームのデータベースをダウンロードするサイトをやっと見つけました

40H Chess Tools, Utilities and Databases

以前とちょっと名前が変わっていますが
それ以外は全く変わりませんね

ダウンロードの仕方や7zファイルの展開の仕方などは
以前書いた記事を見てください
GMたちのデータベース

でもなんだかミラーサイトを見ると
このサイトもまたすぐに見られなくなるかもって思いますね

違法なことをしているわけではないのに
何でこんな不安定な状態を続けているのだろう?

そういった内情はわかりませんが
このデータベースは役に立っています
BATTLE CHESS
2016年09月23日 (金) | 編集 |
今日はなんだかチェスをする気分ではなかったので
ちょっとのんびりと

これをしました

PC用ソフトでチェスの擬人化したゲームです
値段はだいたい3000円ぐらいです

動きがとてもリアルで
だけど血が無いってのと
ちょっとドジな兵士たちだったりしてすごくいいです



以前にあったソフトで

これもかなりいい感じだったんですけど
windows10には対応していないみたいでダメでした

Battle vs Chessの方がファンタジー要素が強かったです

それとBattle vs Chessは横に小窓で普通のチェスアイコンの駒で2Dでの表示があったので
キャラクター化された駒が何だったかわからなくなってもいいようになっていましたが
Battle Chessにはそういった機能はなさそうですね

でも以前にBattle vs Chessをした当時は
キャラクターでだけでゲームをすることがとても大変でしたが
今日Battle Chessをして
キャラクターだけでのチェスがまったく問題なくできました

たぶんこれは頭の中でのイメージ化が
Battle vs Chessをした当時はあまりできなかったけど
今はちゃんとできるようになったからだと思います

それと
Battle ChessでSKILL CHALLENGEでプロブレムがあります
EASY~HARDまで全部で10問ですが
4手メイトとかちょっと苦労しましたが
全10問解けました

ソフトのチェスの強さはどうでしょうかね
まだ6段階中一番弱いPEASANTとしか対戦していませんが
勝ちました
まぁこういうのは一番強い設定と勝負してみなければ強い弱いは言えないので
まだわかりません

これは良いソフトだと思います
出来もいいし
でもチェスを純粋に楽しむソフトではないですね
中世の感じのアニメーションを楽しむソフトだと思います

楽しいです

でも顔認証システムの応用で
現実の駒をAR(拡張現実)で動かすことがは可能だと思います

トレーディングカードのアニメで
対戦時にカードをセットするとカードのキャラクターが出現して戦うっての
あれはもう既存の技術を組み合わせるだけでできそうですよね

ボードゲームとARってとても相性がいいと思います
人生ゲームなどの双六も
良いと思うし

たぶん現在ではスマホやタブレットレベルの処理能力では処理できるキャラクターの数が少ないと思いますが
いずれはgoogleグラスのようなメガネみたいなハードでも
複数のキャラクターを動かすことができるようになる気がするな

外の看板なんかも大きな蟹とかが動きだしたりするんだろうなぁ
食べ物屋のメニューなんかもいずれはなるんじゃないかな

どうでしょうかね
ブルーライトカット
2016年09月18日 (日) | 編集 |
ブルーライトって聞いたことありませんか?
チェスの話ではないですけど
ネットでチェスする人なら全員に関係があることだと思います

ブルーライトってのは
そのまま青い光です

その青い光ってのが
目に対しての刺激が強い光です

今までまったく気にしていませんでしたが
今日
ふと急にパソコンのブルーライト カットをしました

利用したのは
フリーソフトのf.lux

ダウンロードサイト

ブルーライトをカットして
2・3秒でしょうかね
目が楽!!
びっくりするほどの違いです

青色をカットするので色が変わります
古い写真でセピア色って言いますよね
あんな感じです
夕焼け時の風景の色です

違いははっきりとしているけど
違和感は無いです

f.lux
昼間と夜でそれぞれの色温度を設定します
今のところ昼も夜も4000kに設定をしています

それと
場所の設定を求められますが
厳密な場所を入れる必要はありません

日の出・日の入りを管理するだけなので
市町村などの役場だったり
日本国内での日の出と日の入りの誤差なんてたかが知れているので
国会議事堂でも明石市でも富士山の山頂でも
どこか適当に登録すればいいです

本当に目が楽なのでおすすめです