まずはチェスでもどう?
ハロウィンだ!!!
2016年10月30日 (日) | 編集 |
今年もやって来ました
ハロウィン

今年も明日31日にはらべりなこさんとハロウィンを楽しむ予定です
HalloweenGambit.png

本当はもっと多くの人でハロウィンパーティー(ハロウィンギャンビット限定の大会)ができたらなぁとも思いますが
lichessでこういったイベントをすれば
マッチングも自動でしてくれるので良いんですけど
今日の明日では人も集まらないし

まぁいつかは
事前に準備して
みんなでハロウィンパーティーができたらいいなぁと思っています

それはそれとして
明日の対決は
気合を入れていくぞ!!

lichessでこんな機能があったんだ!!
2016年10月30日 (日) | 編集 |
今更ながら
lichessで便利機能を1つ見つけた!!!

lichess_161030_0.jpg
これですね

for variation analysisって書いてあるのに
気が付かなかったですね

と言うか
ゲームの解析をするのに自分のパソコンでするより
サーバーで解析してくれた方がお得だと思って
今までは
していませんでした

variationって単語に気が付きませんでした

ゲーム解析をして
コンピュータが示した以外の手をしたら
どのような評価値で
どのような手で返さされるかを計算してくれます
lichess_161030_1.jpg
こんな感じですね

思い込み
決めつけはダメですね

チェスのゲームでも
思い込みや
決めつけは悪手の原因ですよね

反省
今 気になる本
2016年10月28日 (金) | 編集 |
この本のシリーズが面白そうなんです

Move by Move Series



基本的にはオープニングの本で
おもしろそうだと思ったのが
タイトルがMove by Moveですが
まさに1手ごとに
クイズのように問題が出題されます

おもしろそうなんですが
ちょっとなぁぁぁってところもあります

問題のすぐ下に答えが書いてあるので
見たくなくても
答えが見えてしまいます

Amazonで公開されているページなので
公開しても大丈夫かなぁって勝手に思って
ちょっと公開してみると
movebymove.jpg

こんな感じです

おもしろそうなんですけどね

レビューの評価もいいんですよね

1冊買ってみようかな

気になります
また毎日しようかな
2016年10月27日 (木) | 編集 |

無料で10問
240円払えば290問ついかで
全300問ですが

半年前の毎日していた時は
全300問を40分を切る時間でこなしていました

今日半年ぶりにしたら1時間53分とびっくりするほど時間がかかりました

また毎日しようかな

毎日している時はそれが当然のことに思えるけど
やっぱり
毎日しているのってやっぱりすごい効果なんだね

ってことで
また毎日してみようかな
現在使用しているチェス アプリ紹介
2016年10月25日 (火) | 編集 |
iPad mini2でいつもチェスをしていますが
チェスのアプリは結構な数ダウンロードしましたが
使わなければどんどんと消していっているので
けっこう少ないです

消すと言っても
一度ダウンロードしたアプリは
例え有料アプリでも
無料で再び利用することができます

まぁアップルストアから消えると再インストールができなくなるって例外はありますが

それで今iPadに入っているアプリは
iPadmini_161025_0.jpg
iPadmini_161025_1.jpg
iPadmini_161025_2.jpg
この24個で
パズルとボードってフォルダーに入っている16個は
ほとんど使っていません

実際に使い続けているアプリと
iOS用のおすすめチェス アプリが違う理由は

iOS用のおすすめチェス アプリは基本的に無料のアプリだけを紹介しています
以前にも書いたことがあると思いますが
有料アプリだから優れているとか
無料アプリだから劣っているってことはありません

基本的にみんな儲けるためにアプリを作っていますが
それぞれのビジネスモデルが違うだけのことなので
アプリ自体が優れているかどうかとは関係がありません

それで有料アプリと無料アプリで大差が無ければ無料アプリの方を紹介します
それだけのことです

それぞれのアプリについての説明は必要ないと思いますが

これの2つのアプリは普段は使わないかもしれないけど
いざってときにとても良いです

Chess Clock(Free)ってアプリはiPhoneでもiPadでも入れておくべきだと思いますね
アプリ名通りのチェスクロックのアプリです
最初100分で40手で50分追加 60手で15分追加 1手につき30秒追加
こういった複合的な設定もちゃんとできます
そして何よりもシンプルなのが良いですね

他にも同様のアプリはありますが
まぁこれを入れておけば良いと思います

Simple chess boardはiPhoneだと入れてもお勧めはしませんが
iPadの場合は入れておくべきだと思いますね
これの同様のアプリは他には今のところは見たことが無いですね
将棋では似たようなものがありますが

どういったアプリかと言うと
まさにアナログのボードとチェスクロックです
このアプリに
あえて文句を言うのなら
あえてですよ
動きの記憶しておいてくれるのがアプリが立ち上がっている間だけなので
アプリを閉じると局面は以前の状態ですが過去の動きはリセットされてしまうことです
こんなことができなくても
このアプリは是非iPadに入れておくと普段はあまり使わなくても役に立ちます

現在はこんな感じです
待合室で時間つぶしに最適なアプリは?
2016年10月24日 (月) | 編集 |
あの救急車騒動から1ヶ月半ほどたちます
それで
その経過を話に病院に行きますが
予約はありますが
それでも結構待たされるんですよね
たぶん診察室の中は5分もしないで終わる気がする

こういったときの時間つぶしに役に立つのがiPhoneやiPadですよね

それでどのアプリを使うかってのが問題になってきます

待つ時間は
30分~1時間ほど
最悪の場合は2時間とか
そして
いつ呼ばれるかわからない

この条件に合うアプリって何だろう?

オンライン対局はダメですよね
理由は
いつ呼ばれるかわからないってのと
集中しすぎて呼ばれても気が付かない可能性があるし
待合室のwifi環境がどうなのかもちょっとわからないし

ってことは
オフラインでのソフトとの対戦とか
プロブレムを黙々と解くとか
それと読書かなぁ

オフラインでのソフトとの対戦アプリは
Chess.comやlichessのアプリでもできますが
おすすめは

これでしょうかね
無料版と有料版で
違いは広告の優無だけだったはず
有料版は普段は840円ですが
今は120円のようです

お勧めする理由は
勝ち負けによってソフトの強さを自動で調節してくれるからです
当然手動でも変えられますが
まぁそれだけの理由ですが

どうせするな
棋譜の分析などもできた方が良いってなら
待合室でわざわざすることではないと思うけど

このアプリかな
Stockfishのオリジナルのアプリもありますが
評価値の推移のグラフがあるので
こっちのアプリの方をお勧めしますね

プロブレムは

このシリーズかな
実質240円で300問

最近さぼっていたけど
またしようかな

慣れている時なら40分を切るけど
だけど
半年ぐらいさぼっていたから
ちょうどいい感じの時間で終わるかも

読書は
病院の待合室で
気楽に洋書が読めるぐらいの英語力が欲しいです

久しぶりにチェス以外の日本語の本でも読んでみようかな

まぁ
バッテリーをフル充電しておくってことが一番重要かも

何かオフラインでちょうどいい時間つぶしができるアプリって何かあれば
教えてください
どんな入門書が良いかなぁ
2016年10月22日 (土) | 編集 |
入門書っていままでちょっとバカにしていたところがあるんですよね

ネットでちょっと調べればわかるようなことをわざわざかいて
それもすっごく表面的なことだけで

どの入門書を見ても書いてあることは大差がない

この考え自体は今も変わりませんが
でも
入門書ってとっても重要なんだと思うようになりました

チェスのルールも知らない小学1年生と
チェスのルールも知らない中学生では
内容には大差がなかったとしても
表現の仕方が違うと思います

まぁこんな感じに
7歳の甥っ子に
何かチェスの入門書をプレゼントしようかと考えています

何がいいかなぁ
将棋界が騒がしいです
2016年10月19日 (水) | 編集 |
最近 将棋界が騒がしいです

まぁみんな知っていると思いますが
簡単に説明をすると

トップ棋士がもしかしてスマホを使ってカンニングをしていたのではって疑いがでて
それに対して
自分はカンニングをしていない
こんなことでは対局はできない!!
ってなって
休場届の不提出で出場停止処分ってことです

なので出場停止処分自体は不正があったからってことではないです

不正をしたかどうかはわかりませんが
はっきりしていることは
これは将棋界の怠慢が招いたことです

どういったことかと言うと
不正をするような人ではプロ棋士にはなれないからプロ棋士は不正をしない
こういった理由で
対局中 時間内であれば
どのような行動でも
どのような場所へ行こうが
全く問題が無かったんです

コンピューターが強くなったってことが問題ではないです
プロ棋士は不正をしないって性善説がダメなんです
今回の件が本当に不正があったかどうかだけではなく
今までの将棋界の歴史の中で不正があったかもしれない

このように
歴史を含めて組織全体が疑われます

今回の件が騒ぎになる直前に
対局中の移動制限や
持ち物検査ってのがやっと導入されたようですが
遅いと思いますね

カウントダウンが始まった
2016年10月12日 (水) | 編集 |
やっぱりか!!

Chess.comからメッセージが来ました
The New Chess.com (v3): Now With Bughouse!
内容は
新しいバージョンのChess.comを利用しましょう
新しいバージョンはすばらしい

ってことです

そして何度か
You can always switch back.
って書いてありますが
いつでも戻せるよってことですが
この記事のFAQで

How long will the old site be around?

We are going to leave the current (v2) version of the site available for several months to help everyone get used to the new site. We also have some bugs still in the new site, and a few features we want to deliver.

内容は
あとどのくらい旧スタイルを使えますか?
あと数ヶ月です

ついにカウントダウンが始まってしまいました
分析とかに関しては新しい方が良いように思いますが
Chess.com内の分析を利用していない者としては
旧システムの方がいいんですよね
デザインのカスタマイズが旧システムの方がいろいろとできるからです

新システムにすると
わざわざパソコンでChess.comをする必要が無くなるような
iPadのアプリでするのと大差がないから
文字入力はパソコンの方が楽だけど

Chess.comさん側としては統一システムの方が管理が楽なんでしょうが
使い分けたい者としては
けっこう嫌かなぁ

でもしょうがないけど
誕生日
2016年10月10日 (月) | 編集 |
10月9日は誕生日でした

誕生日だってことで別にうれしくはないですけど
友人たちが祝ってくれるのはうれしいですね

誕生日の日のチェスの成績は1勝1敗
でも
負け方が酷かったですね
もうダメダメゲームでした

それで1年間のレーティングの変動は
Chess.comはOnline Gameも Tactics Trainerもほとんど変動がありません
lichessのClassilalは300ほど上がりました

そう言えば
今の目標って何だろう?

なんだか最近は明確な目標もなくだらだらと惰性でしているような気がします
まぁ趣味なんだからそれでいいって言えばいいですけど
ちゃんと明確な目標をもってチェスをしている時って
その数か月後には一気にレーティングが上がっているように思います

なんか目標を決めようかなぁ

何がいいかな?

この本を読むことかなぁ?

他に目標ができるまでは
まずはこの本をなるべく毎日読むことを目標にしようかな

ってことでまた1年楽しもう
育成計画
2016年10月07日 (金) | 編集 |
今夜かなりうれしいことがありました
今小学1年生の甥っ子が
ボードゲームに興味を持ち始めたんです

姉が

これを買ってあげたみたいで

まだオセロにしか興味がありませんが
中にチェスもあるそうで
そのうちに徐々にチェスに興味が移るように誘導しようとたくらんでいます

今のところはオセロにしか興味がありません

大きな問題が1つあるんですよね

姉たちがとてつもなくオセロが下手なんです

オセロでルールしか知らない小学1年生に
上手に負けることができないくらい弱いです

オセロはチェスや将棋よりも先を読むことが難しいと聞いたことがあります
数手先を読もうとすると
白だったか黒だったか混乱するそうです

でも1手先なら読めますよね
ここに置いたらどうなるかぐらいはわかりますよね
それを自然にやるってことが難しいみたいです

まぁ姉たちはボードゲームが好きではないですからね

それで今日上手に負けてあげて
もう甥っ子は上機嫌

もうすぐ5歳になる下の甥っ子はそれを見ていて僕もやりたいって言ってきて
したんですけど
ルールを理解するってことがまだできなかったですね
飛び地に置いたり
タイムトライヤルみたいに速置き競争なんです
かなり斬新なオセロでした

でも
もしかしたらですけど
下の子の方がボードゲームに向いているかもしれないんですよね
下の子は積み木や折り紙が好きで
小さいときに積み木遊びをしたかどうかで
空間認識能力が全然違うって聞いたことがあります
車のバックとか
地図が読めるか読めないかとかとか

まぁでもでも
上手くなることだけが楽しみ方ではないですからね

1勝2敗ぐらいの感じでどうかとも思ったけど
他の人に勝てないなら
当分の間は全負でもいいかな

1年間でチェスに興味を持つようになれば
来年のクリスマスにでも
FIDEの競技用サイズの駒とボードをプレゼントしてあげようかなぁ
1年じゃあまだ早いかな
Chess.comやlichessでアカウントを作ってあげる方が先かなぁ

楽しみですね
10th Tal Memorialの最終ラウンド
2016年10月06日 (木) | 編集 |
今夜6日
日本時間の19時から10th Tal Memorialの最終ラウンドが始まります

やっぱり生中継って楽しいですね

棋譜を見ればすべて書いてありますが
消費時間も書いてある棋譜もあるし

でも一緒の時間にいろいろと想像をしながら見るのって楽しいです

今日友達が
最終予選見るかって言ってきたから
最終ラウンドだよって言って
全く話がかみ合わなくて
よく聞いたら
友達はサッカーの日本ーイラク戦の話をしていたらしいです

そう言えば最近はサッカー全然見ていないなぁ

今もサッカーの結果よりも10th Tal Memorialの優勝の方が気になります

チェスでもサッカーでも
こういう観戦って1回見るよりも
ずっと見続けた方が選手のことを覚えるし
おもしろいんですよね

それで10th Tal Memorialですが
現在1位は
Nepomniachtchi, Ian 5½ポイント
2位
Giri, Anish 5ポイント
3位
Kramnik, Vladimir 4½ポイント
Aronian, Levon 4½ポイント
Anand, Viswanatha 4½ポイント

10人のトーナメントですが
優勝の可能性はこの5人

それで
Anand - Aronian戦以外はみんな別の人との対戦なので
5½ポイントで4人がポイントでの1位ってこともあり得るってことです

誰が優勝するかな
いつもは21時ゲーム開始だけど
今夜は19時スタート
さぁ見るか
横から棋譜並べしてみました
2016年10月04日 (火) | 編集 |

今 3周目の棋譜並べをし始めましたが

1周目の時は白側にボードを置いて棋譜並べをしました
2周目は黒側から棋譜並べをしました

3周目はどのようにしようか
まだ決めていませんが
今日はとりあえず
hファイルの方から左側が白 右側が黒で棋譜並べを横からしてみました

駒を動かすときの違和感はありましたが
特にキャスリングがしにくかったですが
その程度の違いでしかないように思いました

3周目は全てhファイル側からの状態で棋譜並べをしてもいいかもしれません

それはそうと

iOSのlichessのアプリがバージョンアップして
不具合が解消されました

素直にアプリが立ち上がるし
駒を動かしたときに音が鳴ります

駒を動かしたときのコツコツ音はやっぱり良いもんですね
まぁ慣れかもしれませんが

てな感じで
今夜も
10th Tal Memorial 観戦
本文はかなり読みやす気がする
2016年10月03日 (月) | 編集 |

まだ数ページしか読んでいませんが
本文に関しては
かなり楽ですね

まだ数は少ないですけど
今までに読んだ英語の本よりも簡単な気がします

文法は
たぶん中学で習うレベルで十分な気がします
単語は高校レベルの単語で十分な気がするし

introductionを飛ばして
本文だけなら
英語がそれなりにできる中学生が
初めての洋書挑戦でこの本を選んでも
辞書で単語を調べながら十分に読めるような気がします

とは言え
Bxh7+についてしか書いていないので
初めてのチェスの洋書で
この本を選ぶってのもちょっとどうかと思いますが

なにか別の本と並行しながら
息抜きでこっちの本を読むってのが良いかもしれません

原文ではなく学習用に編集されている本ですが


本とアプリですが内容は同じですが
これらより簡単な気がします

まだ数ページしか読んでいないんですけどね
タリさん2周目終了!!
2016年10月02日 (日) | 編集 |
今日も10th Tal Memorial第6ラウンドを見ていますが


棋譜並べ2周目終了!!

でも
相も変わらずに意味が分かりません

まぁ棋譜並べは明日から

フィッシャーさんの3週目をしようと思います

もしも
棋譜並べをしてみようと思うけど
どちらの本が良いかと
相談をされたとしたら
フィッシャーさんの方を勧めますね

なんとなくですがフィッシャーさんの方がわかりやすいような気がします

まぁなんとなくでしかないですけどね

ああでも
それよりも先にまずは

これを勧めるかな

てな感じで
明日からフィッシャーさん3週目
Colle System
2016年10月02日 (日) | 編集 |

今日は
Introductionをちゃんとではなく
目につく単語だけを流し読みしました

昨日言った
CoIle
これはあれですね
Colle System
Colle System

Colle Systemって言う定跡です
チェスでこのような白だけの定跡があるってことがびっくりしました

それで目次CoIleはColle Systemのことっぽいですね

それはそうと
Introductionって単語を見るといつも思い出すんですけど
学校の英語の先生が大嫌いでした

教科書で章ごとにIntroductionがあったんですけど
それを毎回 導入って訳していて
それを強要していました
それ以外の訳を認めませんでした

嫌いな理由はこれではないですけど
Introductionって単語を見るたびに
何が導入だよ!!って
イライラした気持ちがよみがえります

まぁ10月でかわいらしいブログのテンプレートにしたので
ちょっとぐらい闇を見せてもいいかなと思って
ちょっくら書いてみました

明日はちゃんとIntroductionを読もうかな
10th Tal Memorial 2016
2016年10月01日 (土) | 編集 |
昨日
ぶらぶらとネットを見ていたら
たまたまこのような大会が今しているのを見つけました
10th Tal Memorial 2016

10人でのトーナメントですが
最もレーティングが低い人で2731と超一流の人たちの大会です

今現在の順位とポイントそれとレーティングです
1 Giri, Anish 3½/4 2755
2 Nepomniachtchi, Ian 3/4 2740
3 Li, Chao 2½/4 2746
4 Anand, Viswanathan 2/4 2776
5 Kramnik, Vladimir 2/4 2808
6 Aronian, Levon 2/4 2795
7 Mamedyarov, Shakhriyar 2/4 2761
8 Svidler, Peter 1½/4 2745
9 Tomashevsky, Evgeny 1/4 2731
10 Gelfand, Boris ½/4 2743

たまたま見つけたんですけど
今日メールの整理をしていたら
Chess24からこの大会の案内メールが来ていました
気が付きませんでしたね

今タリさんの棋譜並べをしているってこともあって
せっかくなので見ています


やっぱり中継を見ながら
あまりわからない英語の解説を聞きながら
リアルタイムの局面をみるのって楽しいです

World Chess Championshipの中継が今年から有料になるのは残念です
Chess24でもやっぱり中継はしないってことかな?
いきなり心が折れそう
2016年10月01日 (土) | 編集 |
今している棋譜並べも

あと2日で2週目が終わるので

また

フィッシャーさんを並べようと思います

それと
10月になったし
ちょっと気合を入れて

この本を読み始めようと思います

でもなぁこの本は
目次からして意味が分からないんですよね

Table of Contents
Introduction 7
Part I
Module 1: Early CoIle Blundersaults 11
Module 2: French Advance Blundersaults 43
Module 3:The Double-Bishop Sac 61
Part II
Module 4: Bxh7+ with a Knight on e5 85
Module 5: The Classic Bishop Sacrifice 109
Colophon 186

これなんですけど
Early CoIle Blundersaults
これがわからないんですよね
まずはcolle
英語で調べるとでてきません
イタリア語で調べると 丘
フランス語で調べると 糊・接着剤

そしてblundersaults
これではでてきませんが
単語を分けるとblunder saults
blunderは見慣れていますね
というかよくしますね

saultsに関しては
スーセントマリー (オンタリオ州) - wikipedia
スーセントマリーって都市の名前の由来に
仏語の語源的に"sault"は、ジャンプや跳躍を意味する"saut"の古い用法のスペルである。しかしながら、1600年代に使われていた"sault"の用法に、滝や急流を意味するものが残っている。現代のフランス語の用法では同義語でシュト(chutes)やラピド(rapides)がより一般的で、スー(sault)のほとんどは、17世紀に名づけられた地名に限定して残っている。

以上のことから
造語なんかな?
落とし穴みたいな
失敗の滝つぼみたいな

でもCoIleの丘や糊って意味とはちょっとつながりにくいし

あぁぁぁもしかして
Earlyを組み合わせて丘と滝つぼの高低差から
急な没落 みたいな
こういった意味なんでしょうかね?

目次だけで今日の分は終わりにしそう