まずはチェスでもどう?
チェスでの著作権
2015年10月15日 (木) | 編集 |
TPPの話で著作権についても話題になっていますよね

それなのでチェスでの著作権について
今までに調べたことを書きます

まずチェスでの著作権と言えば棋譜についての著作権についてよく聞くと思います
海外では棋譜は事実の記録なので
棋譜は著作物ではないって考えです
サッカーや野球などのゲーム結果が著作物ではないのと同じってことです
でも日本では違いますが・・・
この件に関して主張しているだけでまだ裁判が無いのでどのように判断されるかわかりません

でも
本などの棋譜集は
その集合としてのもには著作権があります
例えば真百人一首として平安時代の和歌を新たに編纂したとして
和歌自体は平安時代に作られたものだから著作権は消滅していますよね
でも
真百人一首として100首を選べばその集合は著作権発生します

この集合としての著作権は独創性が問題になってきます
オープニングのデータベースはだれが計算しても基本的に同じ結果になるので著作権は発生しません

棋譜についてはこんな感じでしょうかね

では
ルールについての著作権は聞いたことがありますか?
棋譜の著作権問題よりも重要だと思うのになんであまり話題にならないのだろう?

ルールには著作権があります
これは棋譜の著作権とは違い実際に裁判になって判決も出ています
ゲートボールなんですが
勝手にルールを出版して裁判で負けています

でも疑問もあります
ゲートボールとチェスの歴史の違いです
ゲートボールは1947年に鈴木栄治さんがフランスのクロッケーを基に作ったってことですが
じゃあチェスは?
タイムコントロールなどなど細かいルールは現代作られたものですが
根本のルールは違いますよね
いろいろローカルルールをまとめたってことで集合としての著作権が発生するのでしょうか?
それとも伝統的なものなので著作権は認められないのでしょうか?
どうなんでしょうか?

よくわかりません
わかる人がいたら教えてください

コメント
この記事へのコメント
No title
おもしろい記事ありがとうございます。
棋譜には著作権がありませんがプロブレムには一応あると聞いたことがあります。
あと棋譜集に載っている棋譜をpgnでまとめてあげてるサイトを見たことがありますが、あれは著作権が切れてたりするんですかね?
ルールはどうなんでしょう・・・FIDEがチェス作ったわけでもないですし、ないきがしますね。
2015/10/16(金) | URL |    [ 編集]
法律って屁理屈って言うかパズルみたいなところがありますよね
プロブレムは創作物なので著作権が発生しますが
実際のゲームで起こった局面は違うように思いますね

それと
棋譜集をアップすることは著作権法違反ですが
公表などしないで私的利用のためのダウンロードは違法ではないです
どこでダウンロードできるか公表すると著作権侵害のほう助ってことでアップロードと同罪のようです

日本でチェスのルールは著作権を主張している団体はあります
裁判が起こっていないのでどのような判決になるかはわかりませんが

なんだか本当に屁理屈って言うかパズルのように思えてきますよv-410
2015/10/16(金) | URL | もも [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック