まずはチェスでもどう?
Arenaの使い方
2016年01月30日 (土) | 編集 |
チェスソフトでArenaを使っていますが
このソフトの好きなところは
ソフトの評価値をグラフに表示することで
ゲームの流れが見られることです

簡単に言えば
160130_0.jpg
このグラフです

Arenaを立ち上げて
Enginesを押します
Arena_graph_0.jpg

Automatic Analysis... を押します
Arena_graph_1.jpg

Outputを選んで
Save calculated values in game(old values will be overwritten)の項目にチェックを入れます
Arena_graph_2.jpg

そして
Sourceを選んで
Startを押せば計算してグラフが表示されます
Arena_graph_3.jpg

Sourceの横にあるEnginesを選んで
Levelって項目がありますが
これを変更することによって分析の時間と分析の深さを設定できます
深く設定をすればより正確になりますが時間がかかります
なので自分の根気とパソコンの性能で適度に決めてください

ちなみにももの設定は
Use plydepth 21Plyです
これはすべての局面をハーフムーブで21手先まで計算するってことです

ちなみにハーフムーブってのは将棋での手数の数え方です
チェスの手数は白・黒が動かしたら1手ですよね
ハーフムーブは白・黒それぞれ1手と数えます
白黒白黒でチェスだと2手ですが
ハーフムーブでは4手ってことです

これでグラフ表示はされますが
お勧め設定として
Options
Appearance...と押して
Arena_graph_4.jpg

Other settings
Chess
その中にある
Values always from white's point of viewにチェックを入れてください
Arena_graph_5.jpg
それでApplyを押して
OKを押してください

この設定をすることによって評価値が絶対値で表示されます
白が有利な時はプラスで
黒が有利な時はマイナスになります

この設定をしないと
相対値で
黒の時に黒が有利だとプラス表示されてしまいます

それと
Appearance...
PGNその中の
Load
Close PGN-window when loading gameのチェックと

Save move information
Save move value, depth and durationのチェックを入れておくと
Arenaを閉じる前に解析したデータが
次にArenaを開いたときにも残っています

他にもいろいろと設定があります
何かわからないことがあれば聞いてください
わかることなら説明をします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック