まずはチェスでもどう?
BATTLE CHESS
2016年09月23日 (金) | 編集 |
今日はなんだかチェスをする気分ではなかったので
ちょっとのんびりと

これをしました

PC用ソフトでチェスの擬人化したゲームです
値段はだいたい3000円ぐらいです

動きがとてもリアルで
だけど血が無いってのと
ちょっとドジな兵士たちだったりしてすごくいいです



以前にあったソフトで

これもかなりいい感じだったんですけど
windows10には対応していないみたいでダメでした

Battle vs Chessの方がファンタジー要素が強かったです

それとBattle vs Chessは横に小窓で普通のチェスアイコンの駒で2Dでの表示があったので
キャラクター化された駒が何だったかわからなくなってもいいようになっていましたが
Battle Chessにはそういった機能はなさそうですね

でも以前にBattle vs Chessをした当時は
キャラクターでだけでゲームをすることがとても大変でしたが
今日Battle Chessをして
キャラクターだけでのチェスがまったく問題なくできました

たぶんこれは頭の中でのイメージ化が
Battle vs Chessをした当時はあまりできなかったけど
今はちゃんとできるようになったからだと思います

それと
Battle ChessでSKILL CHALLENGEでプロブレムがあります
EASY~HARDまで全部で10問ですが
4手メイトとかちょっと苦労しましたが
全10問解けました

ソフトのチェスの強さはどうでしょうかね
まだ6段階中一番弱いPEASANTとしか対戦していませんが
勝ちました
まぁこういうのは一番強い設定と勝負してみなければ強い弱いは言えないので
まだわかりません

これは良いソフトだと思います
出来もいいし
でもチェスを純粋に楽しむソフトではないですね
中世の感じのアニメーションを楽しむソフトだと思います

楽しいです

でも顔認証システムの応用で
現実の駒をAR(拡張現実)で動かすことがは可能だと思います

トレーディングカードのアニメで
対戦時にカードをセットするとカードのキャラクターが出現して戦うっての
あれはもう既存の技術を組み合わせるだけでできそうですよね

ボードゲームとARってとても相性がいいと思います
人生ゲームなどの双六も
良いと思うし

たぶん現在ではスマホやタブレットレベルの処理能力では処理できるキャラクターの数が少ないと思いますが
いずれはgoogleグラスのようなメガネみたいなハードでも
複数のキャラクターを動かすことができるようになる気がするな

外の看板なんかも大きな蟹とかが動きだしたりするんだろうなぁ
食べ物屋のメニューなんかもいずれはなるんじゃないかな

どうでしょうかね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック