まずはチェスでもどう?
将棋界が騒がしいです
2016年10月19日 (水) | 編集 |
最近 将棋界が騒がしいです

まぁみんな知っていると思いますが
簡単に説明をすると

トップ棋士がもしかしてスマホを使ってカンニングをしていたのではって疑いがでて
それに対して
自分はカンニングをしていない
こんなことでは対局はできない!!
ってなって
休場届の不提出で出場停止処分ってことです

なので出場停止処分自体は不正があったからってことではないです

不正をしたかどうかはわかりませんが
はっきりしていることは
これは将棋界の怠慢が招いたことです

どういったことかと言うと
不正をするような人ではプロ棋士にはなれないからプロ棋士は不正をしない
こういった理由で
対局中 時間内であれば
どのような行動でも
どのような場所へ行こうが
全く問題が無かったんです

コンピューターが強くなったってことが問題ではないです
プロ棋士は不正をしないって性善説がダメなんです
今回の件が本当に不正があったかどうかだけではなく
今までの将棋界の歴史の中で不正があったかもしれない

このように
歴史を含めて組織全体が疑われます

今回の件が騒ぎになる直前に
対局中の移動制限や
持ち物検査ってのがやっと導入されたようですが
遅いと思いますね

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック