まずはチェスでもどう?
カロ カン 難しい
2016年12月31日 (土) | 編集 |
昨日lichessではらべりなこさんとの今年最後の勝負で2ゲームしました
それと
1週間前にChess.comで新人さんとのゲームが終了しました

1週間も新人さんとのゲームについて書かなかったのは
今まではらべりなこさんに対してカロ カン(1.e4 c6)をしたことがなく
今回私ももが黒の時にはカロ カンでいこうと思っていたので
ずっと黙っていました

本当は9月のはらべりなこさんとの対戦の時にしようと思っていたんですけど
その時は腰を痛めた直後で対戦をキャンセルしました

それで
ずっと温めてきました
このブログでもカ ロカンって文字すら一切書かずに
黙々と温めてきました

そんなこんなで
カロ カンについてちょっと言わせてもらえば
難しいですね

カロカンの利点をちゃんと理解できていないから
難しく感じるのかなぁ
それとも黒でキングサイドにキャスリングできないことがあるけど
クイーンサイドへのキャスリングが慣れていないだけなのかなぁ

までも
ちゃんとした定跡なのに難しく感じるってことは
そこには成長の可能性があるってことだから
ちょっと続けてみようと思っています

それはそうと
新人さんとのゲームは
161222_0.jpg
36手目の突き出しているところ以外は
だいたい感じていた通りの判定です

41手目
新人さんがルークをa6からa4に移動した場面ですが
どうもここらへんの対応の間違いで勝ちを逃したようです
161222_1.png
エンドゲームも難しいよなぁ

あっ
lichessの分析の画像に
Learn from your mistakesってありますよね
これは
lichessで最近できた機能で
このゲーム内で自分が間違えた局面で正しい手を答えるものです

まぁこんな感じでした

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック