習慣化する

チェスとは直接は関係がないですが
この本素晴らしいですね

このブログでも何度か
プロブレムや英語学習などなどを続けるコツを書いたことがありますが

私ももの理論をさらに発展させたものです

継続は力なりの継続するためのコツが書いてあります

たぶん

この本が基になっていると思いますが
こっちの本は読んでいませんが
マンガでわかるの方が良いと思います
とても要点がまとまっています

なんだか人に薦めたい本です
スポンサーサイト

募集対象レーティングを上げようかな

lichessでゲームをするときに
いつも自分から募集をかける側で
人が対戦募集しているのに挑戦をしたことがありません

募集相手の条件をレーティング1300以上にしていますが
この条件を上げようかと思っていますが

1600以上とかにしたいですが
そうすると
なかなか対戦相手が見つかりません

レーティングの分布図を見ると
lichessでは
レーティング1600以上は全体の30%しかいないんです

レーティング1450で50%

募集をかけても
なかなか人が来ないと
嫌になっちゃうんですよね

でも序盤でいきなりピースをだたでくれるちゃうと
Classicalをする醍醐味が無いって言うか
物足りないです

どれくらいだとバランスが良いでしょうかね

一度1500以上でしてみようかな
それで様子見かな

httpsにした!!

今日ついにこのブログをhttpsにしました

表示速度が
速くなるって人もいるけど
たぶん体感できる人っていないと思うレベルだし
セキュリティが上がるって言われているけど
このブログでセキュリティが弱くても問題なさそうだけど

いずれhttpが排除されていくだろうから
今日変えときました

不具合が2つあります
1つ目は世界時計が使えないってこと
まぁなにか新しいブログパーツでも探そうと思います

2つ目は
ブログ内での棋譜再生に利用しているのが使えません
棋譜再生のっていくつがあるんですが
Chess.comの棋譜再生を使えば問題ないと思いますが
Chess.comの棋譜再生のって
あれたぶん棋譜をアップロードして表示させているんですよね
それがなんか嫌でChess.comの棋譜再生のは使っていません

Caissa's Webのはコードの中に棋譜を埋め込んであるので良いんですが
横幅が長すぎます
ちょっと使いずらいです

それで今利用しているのがflashplayerを使うやつで
これもコードの中に棋譜が埋め込んであるし
横幅も自動調整されるので
一番気に入っているんですが
flashplayerだってことと
httpsに対応していないんです

Chess.comがやっぱり一番妥当かな
他にもあるかもしれないので
探してはみますが
たぶんChess.comのを利用しそうです

今年の挑戦者は誰だ?

今年は
World Chess Championshipの年です
そして
Candidate Tournamentの年です

World Chess Championshipは11月9日からロンドンで行われます
そして
その挑戦者を決める
Candidate Tournamentは3月10日からベルリンで行われます

賭けのサイトbwinでの現在のオッズは
CandidateTournament_180218.png

個人的には
Levon Aronianさんかな
でも
レーティングでみると
Shakhriyar Mamedyarovさんだけど
この人たちのレーティング差なんて誤差のようなものだけど
それでも明確に差があるからなぁ

年齢的にみると
Wesley Soさんが24歳で一番若いですね
いろいろな大会を見ているとWesley Soさんのゲームって見ていて面白いのが多いですね

Candidate Tournament
日本時間
3月10日 23時スタート

まだちょっと気が早いかもしれませんが
楽しみです

すごいなその気力・体力

何度も書いていますが
最近ずっとlichessでclassicalをしています

だいたいですが
短くて30分ほどのゲームで
長ければ1時間以上です

それでたまにいるんですが
1ゲーム終わってその場で再戦を申し込んでくる人が

良いとか悪いとかじゃなく
別にいいんですが

今30分なり1時間のゲームが終わったばかりなのに
よくそんなもう1ゲームなんて
体力・気力すごいなと感心します

事前に約束をしてあればいいです
とは言え
事前に約束をしていても
ゲームとゲームの間はせめて10分の休憩をもらっています

とまぁこんな感じで
Classicalでは今のところ再戦を受けたことがありません

体力をつけなければいけないなぁとは思いながらも
たとえ体力をつけたとしても
1ゲームですべてを使い切るだけの集中力ってのも大切だと思います

そんなふうに考えているので
Classicalで再戦を受けることはこの先もなさそうです

このドローは正解???

自分の浅はかだったかなぁ?

白もも
180217_0.png

この局面で考えていたのは
21. Rxh5 gxh5
22. Qg5+

これでパペチュアル チェックでドローかななぁって考えていました
他に良い手がないかとも考えましたが・・・

それで考えてドローかなぁって思っていた時に
ドローオファーが来て
受けてしまいました

相手の人もほとんど同じぐらいのレーティングだったので
本当にドローだと思ったのでしょう

ですがゲーム後にソフト解析をしたら
180217_1.png

チェックを繰り返しながらクイーンをg4にもってきて
d1を守り
そしてルークをhファイルに持っていく
そうすると相手はクイーンを捨てなければ守り切れなく
クイーンとルーク2つの戦いにもっていって
白有利ってことですが

180217_2.png
まぁ少しでも不利だと思ったら
すぐにドローにできそうですが

これをきっちりと勝つことはできるかな

数値を見るだけではドローオファーを受け入れたことは悔やまれますが
でも
その後の展開を見ると
ドローオファーを受け入れたことは最善だったと思います

どうでしょうかね

長考をするからこその楽しさ

1:10:13のゲーム
相手が44:45
自分は25:28

Classicalのゲームはやっぱり長考をするからこその楽しさですよね

まぁこれは勝ったから言えることだとは思いますが
1時間を超えるゲームをして
負けたら悔しいでしょうね

楽しかったですが
すごく疲れました

やっちまった!!

コツコツ貯めたアドバンテージを
もう勝ち確定と言って良いほどのアドバンテージを
1回の悪手で
全てを失った

失うだけならまだしも
相手に勝ち確定と言えるほどのアドバンテージを与えてしまった

悔しいぃぃぃぃぃ

悔しいからもう1ゲームしようかな
でも
まだ心が落ち着きを取り戻せていないから
今すると
さらに悪いゲームになるかもしれない

まずは
甘めのホットミルクを飲んで
心を落ち着かせるか

うんんんんんん
悔しい!!

今日は引きこもってチェス三昧

今日は楽しかったですね

家に引きこもって
チェス!!

まずはゲームが楽しかったですね
3勝1敗1引き分け
結果もよかったです

それと
改めてですが

この本は良いですね

感動しますね
感激しますね
自分のバカさ加減が嫌になりますね

序盤や中盤の棋譜って覚えやすいですが
流れと言うかストーリーを考えれば簡単に覚えられますが
終盤の棋譜は
なかなか覚えられませんね
流れ・ストーリーが見えません

てな感じの振り替え休日でした

イライラしています

チェスで考えているときに
催促されるのって
すごく腹が立ちます!!

相手が長考しているのを待てないのであれば
長い持ち時間のゲームをするなって思いますね

それとも持ち時間がどれだけのゲームなのか理解できないのかなぁ?

持ち時間とは自分だけに存在するとでも思っている可能性もありますね

確かにネットだと
放置する人はいます

でも放置している人にチャットを送っても全く意味が無くて
長考している人からすれば腹が立つ
最悪だと思いますね

てな感じでイライラしています

Classicalな進め方

lichessでClassicalばかりするようになって
1ヶ月半ぐらいでしょうかね

今日やっとClassicalならではのゲームができたように思います

多分今までのゲームは自分だけ持ち時間がRapidだとしても
同じゲームだったと思います

Classicalの時間をちゃんと使えていなかったです

自分なりに感じたRapidとClassicalの違いは
Rapidは1手1手考えを積み重ねていくのでは
それに対して
Classicalは1手1手に考えをリセットしてやっていくのでは
まぁ完全なリセットってことではないですけど

うん
多分この方向性で良いと思う

Stockfishがバージョンアップ

Stockfishがバージョンアップして
Stockfish9になりました
Stockfish

でも
通信速度の向上などなどで
パソコンの場合
自分でチェスのソフトを持つ必要性がほとんどありません

ブラウザさえあればもうネットでもう十分に対応できるからです

次にパソコンを買い替えたら
Arenaは入れなくてもいいかなぁあ

SDIDは棋譜の管理やオープニングツリーを作るときに利用をするから
SDIDはパソコンを買い替えても利用するでしょう

SDIDでもチェスエンジンを利用するから
やっぱり
Stockfishは必要かな

そう言えば最近
Stockfishの派生エンジンが強いみたいですね

SugaR XPrO
これ以外にも派生ソフトがあるみたいですが
これが良さそうですね

まぁこんな感じです

誰でも通る道

ツイッターで
オープニング定跡の後にどのように動かせば良いかがわからないってのを見かけました

懐かしいですね
自分もそんなことを言っていた時期がありました

誰でも通る道なんだろうなぁ

対処法は1つしかないんですけどね

大人な対応 迎を足せば 大人げない対応 

相手が有利な局面だったけど
ミスにより
相手が
スリーフォールドレピティションか
2手メイトで負けかの二者択一の局面になり

2手メイトで負ける方に動かして
こっちが動かして1手メイトの局面になったら
ドローオファー
断ると
放置

イライラして
気分替えにブログなど見ていたら
新人さんが
同じようなことを書いていて
笑ってしまいました

チェス初心者のブログ
アウトレイジ


新人さんは
"ナメてんじゃねー、コノヤローと決してチェスの相手に言ってはいけない"
大人ですね

では
大人げない私ももは
Shame on you.(恥知らず)と書いて
ゲーム後にブラックリストへ追加

そうはいっても自分なりに考えての言葉選びなんです

他にも相手をののしる言葉はいくつか思いつきますが
下品な言葉だったり
差別的な言葉だったりで

嫌味って方法もあるかと思いますが
嫌味は文化的な背景・価値観があって成立することだと思うので
相手の国籍ごとに使い分けたりで
とっさに言うにはちょっと難しいです

なので
Shame on youが適切な言葉かなぁと

今のところですが
こういった場面で
Shame on you と書いて
言い返して来る人は
今のところですがいません

もしかして本人たちにも
これがかっこ悪いことだという認識があるのでしょうかね

その辺のことはよくわかりませんが

今年はちょっと大人な対応ってのも心掛けてみようかな
今日は節分だし

世界トップ10
プロフィール

もも

名前: もも

ようこそ!
lichess
Chess.com
でチェスをしています

トッププレーヤーのゲーム中継は
chess24
で見ています

iOS用のおすすめチェス アプリ
おすすめの本は真ん中ぐらいに載せてあります

領土
勝ち取った領土です
  • アメリカ United States
  • ドイツ Germany
  • スイス Switzerland
  • スエーデン Sweden
  • イタリア Italy
  • エクアドル Ecuador
  • ロシア Russian Federation
  • トルコ Turkey
  • イギリス United Kingdom
  • アイルランド Ireland
  • チェコ Czech Republic
  • オーストリア Austria
  • コロンビア Colombia
  • スペイン Spain
  • ウクライナ Ukraine
  • イスラエル Israel
  • ブラジル Brazil
  • メキシコ Mexico
  • スリナム Surinam
  • フランス France
  • インド India
  • 大韓民国 Republic of Korea
  • ベラルーシ Republic of Belarus
  • パラグアイ Paraguay
  • 中華人民共和国 China
  • 日本 Japan
  • ホンジュラス Honduras
  • チリ Chile
  • コスタリカ Costa Rica
※ 勝った日付順
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

世界のチェス人口?
iOSでチェスをはじめる
iOS用必ず入れるアプリ(オンライン対人戦)
iOS用おすすめアプリ
本棚
検索フォーム
リンク
リンク2 練習
リンク3 ツール
仲良くしてね

QR
RSSリンクの表示
協力してください

Ctrlキーを押しながら
順番にクリックしてください
これによりgoogleなどの検索が
上位に来るようになるんです


にほんブログ村 その他趣味ブログ チェスへ

月別アーカイブ