FC2ブログ

2018.09.09 (Sun)

ドローを受け入れる勇気

今日はやるはずだった勉強をしないで
チェスをしていました

前々から思っていましたが
ドローを受け入れる勇気を持つと
悪手がかなり減るってことです

それまでのゲームの流れとか
相手のレーティングなどなどで
勝ちをあきらめられない時がありますよね

そうゆう時に悪手って生まれやすいです

でも
本当は自分の方が良いのにドローにしてしまうって危険もあるので
慎重になりますが

と言うことで

もう1ゲームしよう

お勉強は明日から!!
スポンサーサイト
中級モドキへの道  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.15 (Thu)

チェスでの著作権

TPPの話で著作権についても話題になっていますよね

それなのでチェスでの著作権について
今までに調べたことを書きます

まずチェスでの著作権と言えば棋譜についての著作権についてよく聞くと思います
海外では棋譜は事実の記録なので
棋譜は著作物ではないって考えです
サッカーや野球などのゲーム結果が著作物ではないのと同じってことです
でも日本では違いますが・・・
この件に関して主張しているだけでまだ裁判が無いのでどのように判断されるかわかりません

でも
本などの棋譜集は
その集合としてのもには著作権があります
例えば真百人一首として平安時代の和歌を新たに編纂したとして
和歌自体は平安時代に作られたものだから著作権は消滅していますよね
でも
真百人一首として100首を選べばその集合は著作権発生します

この集合としての著作権は独創性が問題になってきます
オープニングのデータベースはだれが計算しても基本的に同じ結果になるので著作権は発生しません

棋譜についてはこんな感じでしょうかね

では
ルールについての著作権は聞いたことがありますか?
棋譜の著作権問題よりも重要だと思うのになんであまり話題にならないのだろう?

ルールには著作権があります
これは棋譜の著作権とは違い実際に裁判になって判決も出ています
ゲートボールなんですが
勝手にルールを出版して裁判で負けています

でも疑問もあります
ゲートボールとチェスの歴史の違いです
ゲートボールは1947年に鈴木栄治さんがフランスのクロッケーを基に作ったってことですが
じゃあチェスは?
タイムコントロールなどなど細かいルールは現代作られたものですが
根本のルールは違いますよね
いろいろローカルルールをまとめたってことで集合としての著作権が発生するのでしょうか?
それとも伝統的なものなので著作権は認められないのでしょうか?
どうなんでしょうか?

よくわかりません
わかる人がいたら教えてください
中級モドキへの道  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.11 (Sun)

スイス式トーナメントとは

今ドイツのベルリンで行われているThe World Chess Rapid and Blitz Championship
ここで行われているトーナメント方式がスイス式ってやつなんですが

いくつかのサイトで説明がありますが・・・
かなり難しいですが理屈は簡単なんです

トーナメント前にまず暫定的な順位を決めます
レーティングのようにデータがあればそれを利用した方がいいですが
わからなければ50音順でもなんでもいいです

それで順位の近いもの同士が対戦をして
どんどんと順位を修正していき
正確な順位にするってことです

どうです
理屈は簡単でしょ

実際の組み合わせを決めるのは・・・
白・黒の回数が同じか±1になるように
同じ人とは対戦しない
って条件があって
パソコンの専用プログラムでマッチングをすることが多いです

スイス式ってこれだけのことです
中級モドキへの道  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.03 (Sat)

チェスの駒・ボードについて

チェスを始めて
最初に買うのはこれが良いと思います

その次に買うのは
この前紹介した
3 3/4" Silicone Club Chess Pieces
これとか
これと同サイズのプラスチック製の駒とかが良いのでは

そして
自分が少し強くなって
何かの記念日とかに自分へのプレゼントとして
木の本格的なのを買ってみようかなって思う人って多いと思いますが
そんな時に何を基準に選べば良いのかって難しいのでは

ってことで
駒についての豆知識です

まずFIDEの大会では駒・盤の規定があります
02. Standards of Chess Equipment and tournament venue for FIDE Tournaments
駒の素材は
木かプラスチックかそれに似たものってなっています
サイズについては
キングのサイズが約9.5cmでなければならない
約ってのがどの程度の幅なのかはわかりませんが
これ以外にも細かい規定はありますが
一般的な駒であれば細かい規定から外れることはないと思います

盤については
マスの一辺が5~6.5 cm
これにも細かい規定がありますが
気になるのなら02. Standards of Chess Equipment and tournament venue for FIDE Tournamentsに書いてあります

では実際の大会ではどのような物が使われているのか?
去年のWorld Championship Match 2014では
knight_141120_0.jpg
THE OFFICIAL FIDE CHESS SET

今しているFIDE World Chess Cup 2015では
1501003_0.jpg

1501003_1.jpg

Digital Game Technology
このメーカーです
駒はTimeless setですが
盤の素材がはっきりしませんが売っています

どうせなら同じ物を買おうと思うかもしれませんが
それはちょっとやめておいた方が良いと思います
e-Boardってのは
1501003_2.jpg
この線がパソコンにつながっていて
駒の動きをパソコンに取る込めるんです
個人でこんな機能が必要でしょうか?

ってことで
この機能のない駒も売っています
http://www.dgtshop.nl/index.php/45/non-electronic-chess
そしてこのサイトのBestsellers
売れ筋商品はキングのサイズが88mmの物らしいです

まぁ
自分の気に入った駒を買えばいいと思います
中級モドキへの道  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.01 (Thu)

World Champion その2

過去のことについては記事があるのですが
今後についての記事を見つけることができませんでした
それで今までのことを基に想像をしてみます
もしも正しいことを知っている人がいたら教えてください

World Chess Championshipは基本的には2年に1度なのでは?
2年続けてした年もありますが
それはシステムの入れ替えをスムーズにするための例外的処置なのでは?

どうなんでしょうかね?

だとすると
現チャンピオンのカールセンが22歳で世界チャンピオンになれたのは運が良かったからなのでは?
運が悪ければ22歳の年にはWorld Chess Championshipが行われなかったかもしれないってこと?

どうなんだろう?
中級モドキへの道  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT