FC2ブログ
まずはチェスでもどう?
2018年12月31日 (月) | 編集 |
今日この大みそかに
ワシントン条約に関することを書こうと思います

ワシントン条約は絶滅しそうな動植物の流通を止めることによって
売買できなくすることによって
商品価値を無くすことによって
絶滅しそうな動植物を守りましょうってやつです

よく耳にするのは象牙とかですよね

今回ニュースを見てびっくりしました
「楽器移動の自由を」象牙使用、税関で足止め相次ぎ

記事のタイトルには象牙となっていますが
記事の内容は2017年にはギター素材のローズウッドも国際的な商取引の規制対象になって音楽業界が困っているって話です

チェスとは関係が無いじゃんって思われるかもしれませんが
このローズウッドが問題なんです!!

ローズウッドを日本語に訳すと紫檀です
紫檀・黒檀は仏壇などでよく聞く高級木材です

高級なチェスの駒の素材なんです!!

ワシントン条約を詳しく読んでいないし
木材についても詳しく調べていないので
産地や一概にローズウッドと言っても細かい種類の違いなどで違うかもしれないので
はっきりしたことは言えませんが
困っています

この駒が欲しいなぁと思っています
The Craftsman Series Luxury Chess Pieces - 3.75


575ドルなので1ドル120円だとしたら
69,000円です

この値段なので
駒としては高いですが
でももし取引が規制されている象牙の駒だったとしたら桁が違ってくると思います

なので
ローズウッドと言っても
細かい種類が違うのではと思います

だけどもしもです
もしももしもです
これが輸入禁止で税関で没収されたとしたら
お金がもったいないですよね

入管から返品って処理をしてくれるとはちょっと考えにくいですし
入管とその駒を販売しているサイトに聞いてみようかな

まず
販売しているサイトに聞いてみるのが手っ取り早いかもですね
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック